ヘンプのポテンシャル

ヘンプ9つのポテンシャル「土壌改善」

ヘンプ9つのポテンシャル「土壌改善」

【ヘンプのポテンシャル「土壌改善」】

日本での土壌汚染問題は、年々増加傾向にあると言われています。

そもそも「土壌汚染」とは、有害物質(揮発性有機溶剤や重金属、農薬など)が土壌に浸透もしくは混入している状態を指し、放置していれば、人の健康や生態系に悪影響を与える危険があります。

土壌汚染は、有害物質を取り扱う事業者からの排水や有害物質を含む廃棄物を埋設することが原因で起こります。 有害物質が土壌に溶け出して汚染されてしまうからです。

この問題に対しても「ヘンプは解決に導く力を備えている」というわけです。


(1)根をくまなく張りめぐらせる

ヘンプは根をくまなく土壌中に張りめぐらせるため、収穫後はふかふかな土壌となります。

日本では昔から、痩せた土地を改良するために「麻を植えて」ソバや野菜を植えてきました。


(2)土壌内の「硝酸性窒素濃度」が低減する

ヘンプを栽培することで、土壌中に溜まってしまった硝酸性窒素濃度を低減させる効果があります。

有害物質を根から吸い上げる能力が備わっており、土の養分や水分を吸い上げるのと同時に、人間に有毒な細菌、真菌、殺虫剤、農薬、重金属などを取り込みます。

硝酸性窒素は「窒素を含む化学肥料、有機肥料、畜産廃棄物、生活排水」などが原因となって生じ、「土壌の酸素欠乏の原因」となる大きな問題です。

前述にある「根をくまなく張り巡らせたヘンプ」が土壌中の有害物質を吸い上げるため、ヘンプを育てることで土壌改善に繋がり、土壌自体も耕される2つのメリットを合わせ持ちます。


(2-1)硝酸態窒素が問題視される背景

「植物の過剰な硝酸態窒素の蓄積」

農作物を栽培する際に、良い品質の作物を収穫することを目的とするためには自然界における窒素循環だけでは硝酸態窒素が不足してしまいます。

これを補うことができる様々な種類の肥料を使用します。

これにより土の中には硝酸態窒素が潤沢になり、植物は自分を守るため硝酸態窒素が土中に有れば有るだけ根から吸収し、使い切らない分の硝酸態窒素はそのままの形で蓄積していきます。

しかし、人間でも栄養分の取りすぎが様々な病気を引き起こす要因となるのと同様に、植物も硝酸態窒素の過剰な蓄積は健全な状態ではありません。

このため農作物の栽培においては適切な量を施肥することが重要になります。

しかしながら市場における農作物の中には硝酸態窒素を過剰に摂取した物が流通している場合があります。

人間でも栄養分の取りすぎが様々な病気を引き起こす要因となるのと同様に、植物も「硝酸態窒素の過剰な蓄積」は健全な状態ではありません。

このような野菜を人間が食べると、当然人体の中に硝酸態窒素が取り込まれ、この取り込まれた硝酸態窒素が人体に与える影響が懸念され問題視されています。


(2-2)硝酸態窒素が人体に与える影響

「発がん性・頭痛・めまい・呼吸困難・意識障害」などの症状

人間も蓄積されていた状態の硝酸態窒素があれば、そのまま人体に摂取されていきます。主に消化管から速やかに吸収されて血液に移行し、一部が唾液中に分泌され、大部分は腎臓を通じて尿中に排泄。

しかし、消化器官に吸収されたものが微生物により還元が行われ"亜硝酸態窒素"となります。

これが消化器官内でたんぱく質中のアミンやアミドなどと反応して、「発がん性が示唆されるニトロソアミンの生成に関与」するおそれがあります。

現状において野菜に残留した硝酸態窒素が主要因で健康被害を引き起こすおそれがあるとはされていませんが、現在我が国で生産されている野菜、特に葉菜類の硝酸態窒素の濃度は比較的高い傾向にあり、ヒトにとって硝酸態窒素は摂取する必要はないため、野菜中の硝酸態窒素の濃度を低く抑えることは、より安心であると言えます。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
▶︎ヘンプ9つのポテンシャル:「CO2吸収量」「土壌改善」「紫外線カット効果」「農薬不要/節水」「1年を通して収穫可能」「作付面積に比べ収穫が多い」「経済効果」「地上エネルギー」「衣食住

▶︎公式インスタグラム:「麻市 ASA-ICHI 公式Instagram」でも様々な情報を発信しております。よろしければご覧ください。

前後の記事を読む

ヘンプ9つのポテンシャル「CO2吸収量」
ヘンプ9つのポテンシャル「紫外線カット効果」

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。